ローン払えないとどうなる?返せない借金返済の延滞相談&おまとめローン

払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】

おまとめローン・ローン一本化フリーローン

大和ネクスト銀行でおまとめローン可能?フリーローンで借り換え?

更新日:

ネット専用のフリーローンでおまとめOK

このページのおまとめローンの可否や金利・限度額は記事執筆時の情報のため、
公式サイトにて最新の情報を必ずご確認ください。

大和ネクスト銀行は大和証券グループが目指す新しいスタイルのネットバンクです。大和ネクスト銀行におまとめ専用ローンが提供されていませんが、代わりにおまとめに利用できるフリーローンがあります。ですが2016年現在は、新規の申し込みを受け付けてはいません。今後のスケ―ジュールも未発表ですので、興味のある方は直接問い合わせすると良いでしょう。大和ネクスト銀行はインターネット専業銀行ですので、カードの発行も必要としていません。実にスマートなバンキングが可能で、使い勝手も手数料面でもさらに有利な展開をして行くことが期待されています。そんな大和ネクスト銀行のフリーローンは、利用限度額の範囲内で借り入れ・返済が手軽に行えるローンです。そして複数からの借金の借り換えなど、おまとめローンとして活用することもできます。


おまとめローンの現状と注意点

※2016年秋から2017年春にかけて、日弁連が銀行カードローンに関する問題点・過剰貸付防止を求める意見書を出したことにより、「銀行カードローン問題」が社会的に表面化しました。

2017年4月にメガバンク3行はカードローンの自主規制強化を発表し、その動きにネット銀行や地方銀行も追随することになったのです。

その結果、「収入証明不要」「即日融資」などのサービスが銀行カードローンから無くなり、「おまとめローン」も自主規制で多くの銀行でサービス停止もしくは広告宣伝することがなくなりました。

ただ、おまとめローンは、フリーローンのひとつとして継続している銀行もありますので、必ず公式サイトもしくは銀行の店頭で現状を確認するようにしてください。

※このページの各銀行おまとめローンの可否や金利等の情報は、自主規制前の執筆時点の情報となっていますので現在は異なります。アーカイブ資料として残しております。



200万円以下は収入証明不要

大和ネクスト銀行フリーローンに申し込む時の条件は、まず年齢制限が20歳~60歳までの安定した収入のある方とあります。基本的に無職の方の利用はできません。また大和ネクスト銀行で普通預金口座を開いている事も条件になります。利用限度額は10万円~500万円までで、一般的な銀行のカードローンレベルだと言えるでしょう。また申し込み手続きから融資手配まで、全てインターネット上で行いますので、店舗への来店もATMの利用も不要になります。ご自分のライフスタイルに合わせて、自由なキャッシングが利用できます。審査は最短で60分の回答が可能です。また利用限度額が200万円未満の場合は収入証明書類が不要になります。これは手続き面で便利でしょう。カードの発行がないため、審査通過後に即キャッシングが利用できる点も大きなメリットです。


おまとめローン・借金一本化の前に、
借金が減額できないか?を無料で調べてみましょう!
↓↓↓





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




圧倒的な低金利がメリット

そこで、おまとめには最も肝心になる金利のチェックをしましょう。このフリーローンは超低金利としても高い評価を受けています。限度額に応じて金利が変わりますが、年利4.0%~9.5%の設定になっています。例えば、10万円以上200万円で融資は年利9.5%になります。消費者金融なら年利12%~18%が相場ですから、圧倒的な低金利になっています。また200万円以上400万円では、年利が5.5%にまで下がります。この低金利ならば、他の銀行からの借り入れでさえ金利差でお得になる事でしょう。ですから、現在抱えている多重債務を全て一本化するにはうって付けだと言えるのです。返済方法は指定口座からの自動振替のみとなっています。繰り上げ返済としてのボーナス返済は不可ですのでご注意ください。

 

おまとめローンの基礎知識

おまとめローンの基礎知識としては、借金の一本化を目的としたローンであるという事と総量規制と呼ばれる規則の対象外であるという事が挙げられます。
1年間に10万人以上の人が自己破産をするという状況が、長期間続いています。自己破産予備軍と言われる人も200万人を超えるようです。これらの状況を長期的に改善するために総量規制が施行されたのだと思われます。消費者金融は年収の3分の1以上の貸付を行ってはいけないという規則によって多重債務に悩んでいる人たちにとっては、消費者金融で新たに融資を受けることができなくなったり、融資を止められたりする場合が増えているようです。
これらの人たちが現状を打開するための方法として、おまとめローンがあるのです。借金の一本化を目的としたローンであることから、大枠の融資を受けることができるということも、おまとめローンの基礎知識として知っておくべきでしょう。長期的な返済計画を立てることができるようになるわけです。
金利が安くて総量規制の対象外であり大手の銀行も行なっているということも、おまとめローンの基礎知識として認識しておくべき点です。有利な点もいろいろありますが、そのぶん審査は比較的厳しいと言われています。
多重債務に悩んでいる人たちにとっては、おまとめローンを利用しようと考えているのであれば、他社借入件数があまり多くならないうちの早めの決断が必要となります。審査に通るためには、借入件数が重要な要素となっているからです。

無料シミュレーター匿名申込





※司法書士法人みつ葉グループ
テレビやラジオなどメディア出演も多い島田雄左司法書士が代表を務める
司法書士法人になります。
借金の減額診断の【お試しページ】へ進む ←クリック

・24時間365日受付
・全国対応
・人情派の司法書士で相談者の満足度が非常に高いのも特徴です。




-おまとめローン・ローン一本化フリーローン

Copyright© 払えないとどうなる?金欠時男の【払えない話】 , 2019 All Rights Reserved.